浮遊粒子がもたらす悪影響

大気汚染の原因

ryushi
大気汚染が起きてしまう原因は大気中に有害な物質が撒き散らされてしまうからです。
大気汚染物質は人間が生み出したものであり、工場や車などから出る煙によって、大気中に広がっていきます。
日本では特に戦後から現代に至るまでさまざまな大気汚染物質が見つかっており、それらが規制の対象となっています。

大気汚染物質の一つとして、硫黄酸化物があります。
これは石炭や石油といった化石燃料が燃える時に発生します。
高度経済成長の時には、工場から硫黄酸化物が含まれる煙が出されて、それによって大気汚染が進行していきました。

大気汚染物質と人体への影響

硫黄酸化物は酸性雨の原因ともなり、大きな社会問題となったのですが、色々な対策や規制をされたため、現在ではかなり濃度が減少しています。
人体への影響としてはぜん息や気管支炎を引き起こしてしまう可能性があり、特に子供や老人には危険です。

燃料を燃やすことで発生する大気汚染物質として他にも窒素酸化物があります。
燃料の中に含まれている窒素が高温に達することによって酸素と結合し、その結果窒素酸化物が発生するのです。
火力発電所や自動車、工場、家庭とさまざまな場所から発生します。

都市部では特に自動車による窒素酸化物が問題となっており、規制により排出量を削減しようと努力されています。
二酸化窒素は高濃度になると、のどや肺、気管などに悪い影響を与えます。

光化学オキシダントという大気汚染物質があります。
これは窒素酸化物や揮発性有機化合物が紫外線により光化学反応を起こして発生します。
高濃度のものは光化学スモッグと呼ばれ、海外から日本に対して影響が出ていると指摘されています。

光化学オキシダントは頭痛や目の痛み、吐き気などを引き起こすため危険な物質です。
工場や自動車などから排出される煙が原因によって生じます。

粒子状物質(PM)という液体や固体の粒も大気汚染物質の一つです。
PMには工場の煙によるばいじんや鉱物の堆積場からの粉じん、土埃などが含まれます。
室内や洗濯物が汚れるなどの被害が高度経済成長時には発生していました。

PMはガンや呼吸器疾患と深い関連があるとされており、とても危険です。
PMの中でも粒径が2.5マイクロメートル以下のものをPM2.5と呼びます。
とても小さな粒子の物質のため、肺の奥の方にまで入り込んでしまい、健康への被害が大きいです。

PM2.5は呼吸器疾患だけではなく、肺がんを引き起こす可能性もあるため、早急に対策しなければいけません。
中国からのPM2.5が問題となっています。

目に見えない浮遊粒子を調査するためにはパーティクルカウンターという道具を使います。
パーティクルカウンターというのは、空気中にある浮いている微粒子や不純物などを計測する機器のこと。
この製品は、こちらのサイトで販売されています。
>>http://www.nitta-monitoring.com/particle/aerotrak-9303-9306/
こちらで販売している製品は、小型で軽量タイプのものもそろっているため、使いやすいのが特長です。

浮遊粒子を一般の人達が自分でモニターすることはとても大切なことです。
自分たちの周りの環境にどれだけ大気汚染物質が存在しているのかを認識することによって、大気汚染問題について真剣に考えるきっかけとなるでしょう。